レディ・ゴダイヴァとピーピングトム

STORY

平民あがりの身でありながら、トムはその指先の才覚によって宮廷御用達のドレスメーカーとして雇用される。マーシア伯領の領民は領主レオフリックによる重税に苦しみ、貧富の差に苦しんでいたが、トムには既に贅沢な暮らしが約束されていた。ただトムが求めていたのは暮らしの安定ではなかった。宮廷でご尊顔を賜ったゴダイヴァ夫人があのように美しいとは思いもよらなかったのである。彼はゴダイヴァに夢中になった。しかしそれは恋物語ではない。トムには幼いころから性的な倒錯傾向があった。彼が試みたのはゴダイヴァへの不義の恋ではなく、覗き行為だったのである。彼は壮大な計画を立てた。しかしそのことが、貴婦人ゴダイヴァに裸で街を歩かせる結果になるとは思ってもいなかった。

CAST















上演内容一部変更に伴い、春名風花、田口真太朗の追加出演が決定いたしました